スポンサードリンク

社会教育主事・社会教育主事補の資格と役割

教育委員会は各都道府県や市町村に置かれる教育に関する機関であり、
その事務局に所属する社会教育主事・社会教育主事補になるためには、
そのための資格が必要になります。それが社会教育主事資格です。

社会教育主事の職務を少し具体的に説明しますと、教育関係の職員
(PTAや公民館等)に対する教育のアドバイスや指導の専門家です。
一方の社会教育主事補とは、その名の通り社会教育主事を補佐する
役割です。

社会教育主事は教育職員にアドバイスする立場なわけですから、学習・
教育に関しては専門的なノウハウを持つプロフェッショナルである
必要があります。よって、資格を得るには大学などの教育機関で講習を
修めるですとか、社会教育主事補を経験するなど、一定以上の教育経験が
求められます。難しそうにも思えますが、努力で乗り越えられる範囲で
あって特別な才能が要るわけではなく、実際のところ合格率も高めです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。