スポンサードリンク

政策立案等を補佐する国会議員政策担当秘書

国会議員による政策立案というものは単独で成されるものではなく、政策立案に
見合うだけの専門的な能力を有した補佐役のサポートもあってのものです。その
国家公務員の一種でもある補佐役を、国会議員政策担当秘書といいます。

20年ほど前にできたばかりの役職で、政策に直接関わる重要な役割を担う事から、
大学卒業者が受験対象でありながらも、資格合格率は1割に満たない狭き門です。
独学や短期間の合格を目指すとなると、現実的には大変厳しいものがありますね。

見事合格すると議員により選ばれ、議員事務所で働く事となります。就職に役立つか
どうかというレベルではなく採用ですから、取得困難ではあるものの、苦労に十分
見合うリターンがあります。

近年は、メディアも広く政治を報じて政治に関心を持つ人が増えていますから、
国会議員政策担当秘書の人気もそれに比例して高まりを見せています。なにせ
議員と政治を直接支えられる希少でやりがいのある職業なわけですからね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。