スポンサードリンク

福祉の検定・資格の種類と取得方法

最近は、ニュース等で頻繁に福祉に関する特集が組まれています。福祉関連の仕事は、高齢者が増えていく今後の日本においてさらに需要が増す事は明らかです。そんな福祉の仕事に就くには、それに関連する種類の資格・検定を取得せねばなりません。


高齢化社会にてますます需要が高まるホームヘルパー資格

福祉の資格・検定にはいくつかの種類があります。まず、多くの人が知っていてかつ人気のある資格として、ホームヘルパーが挙げられるでしょう。その人気の理由は、単に知名度が高いというだけでなく、福祉・介護に関わる仕事に就く上で非常に有効なところにもあります。世の中の資格というものは全てが就職に役立つわけではなく、そんな中で福祉系の資格は比較的安定感があるという事です。

ただ、そのホームヘルパー資格は近い将来に廃止となります。3級〜1級の資格がありますが、それらが無くなります。無くなるというよりは、形を変えるというのが適切ですね。介護という仕事とそれに関わる資格は、当然ながら世の中から消える事はありません。むしろ、介護の職業を目指さない方でも、基本的なスキルは身に付けておいて損をする事はない、そんな高齢化時代です。



さて、そんな福祉の資格・検定の取得方法は、基本的に「受験して試験に合格する」「講習を一定期間受ける」のいずれかとなります。いずれも一定の費用がかかります。

この二択ですと、「講習を受けるタイプの資格・検定を選べば、試験無しで簡単に取得できそうだ」と思ってしまいがちですが、残念ながらそれほど甘くはありません。福祉関連の資格・検定の中で特に人気であろうホームヘルパー2級でさえ、100時間以上の研修を必要とします。さらにその実習内容も決して生温いものではありません。

資格・検定の種類によっては条件がさらに厳しく、数年間の実務経験を要するものもあります。その一つとして挙げられるのがケアマネージャーです。ケアマネージャーは介護者に適したサービスプランを作成する資格で、最低でも5年の実務経験を必要とし、なおかつ試験に合格する必要があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。