スポンサードリンク

環境系の資格試験と検定試験について

環境に関する資格・検定は、大きく分ければ「物理系」「化学系」「生物系」の3種類となります。さらに細かく見ていけば、国家・民間を問わず環境に関する資格・検定が数多く存在する事がわかります。

工学・物理学の資格・検定は、その名の通り物質やエネルギーに関するもので、環境施設のみならず一部の工場の就職にも役立つものがあり、多くの方が取得しています。環境に関する種類の資格・検定は、産業廃棄物処理施設技術管理者エネルギー管理士など。そうでないものには、電気通信主任技術者などがあります。

化学・生物系の資格や検定は、環境色がさらに強く出ています。化学系では公害防止管理者や環境計量士、生物系ではビオトープ管理士・生物分類技能検定・森林インストラクターなど、いくつかの種類があります。ここまで挙げた中には、国家資格に属さない資格・検定も若干混じっていますが、これらの知名度は年々高まっており、環境の調査や保全に携わる職業に就きたいのであれば、取っておいて損はないでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。