スポンサードリンク

国家資格検定と民間資格検定

一口に資格・検定といっても、国家資格や公的資格や民間資格などいくつかの種類に分かれており、それぞれ微妙に難易度や重要性が異なります。資格・検定を取ろうという方の大半は、「就職や転職を有利にしたい」「スキルアップしたい」といった目的をお持ちだと思いますので、資格・検定の種類や違いなどについて、多少なりとも知識を持っておくべきでしょう。

国家資格に分類される資格・検定は、全体的に認知度が高く、取得すれば就職等で有利になりやすくなります。高校や大学のように数年間通い卒業する事で得られる資格や、自動車免許のように技能講習や特別教習を受けて取得する資格・検定もありますが、基本的には簿記や司法書士のように試験に合格して取得するものがほとんどで、その難易度は民間資格や公的資格の試験と比べて高めです。

民間資格に分類される資格・検定の中にも、就職やスキルアップに役立つ物が何種類か存在するのは事実ですが、できることなら知名度・重要度の高い国家資格の取得を狙っていきたいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。