スポンサードリンク

税理士の資格とその取得の方法

税理士の資格を取得すると、会計事務所などを一人で独立開業できるようになります。独立志向の若者が増えている昨今、税理士資格は中小企業診断士や社労士と同様、男女を問わず高い人気を得ています。しかし、人気が高いからといって誰でも取得できるような生易しい資格ではありません。

税理士の資格取得が容易くない理由、その一つは受験資格です。税理士試験を受験する方法もとい条件は、簿記1級検定・簿記能力検定上級の取得や、大学・短大の特定科目の取得、または司法試験合格など、10種類以上ある条件のうちどれか1つを満たしている事です。

二つ目の理由は、試験の難易度です。受験資格のハードルがそれなりに高いだけの事はあり、試験自体の難易度も高めです。お金や時間に余裕があるならば、通信講座や専門学校など独学以外の勉強方法を推奨します。

そして三つ目の理由は、人気資格である事による競争率の高さです。試験の難易度の高さと相まって、試験の合格率はなんと15%にも届きません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。