スポンサードリンク

看護師と准看護師の資格取得について

現在の日本の医療現場において、慢性的に不足しているのは医師だけではありません。看護師も医師に劣らず多くの需要があるものの、こちらも人手不足に悩まされています。

なぜ看護師は常に不足しがちなのか?看護師という職業は、女性の割合が非常に高い事は今さら言うまでもないでしょう。女性の割合が高いという事はすなわち、結婚や出産などを機に退職してしまうケースが多いという事。これが看護師が常に不足する大きな理由です。

こうした理由から、医療現場において常に引く手あまたの看護師。その看護師の資格を取得するためには何をすればよいのか?それについて述べる前に、まず看護師という職業は「看護師」「准看護師」の2種類が存在するという事を覚えておきましょう。両者の仕事内容にそれほど差はありませんが、給与や待遇等にこだわる方は、准看護師よりも看護師の資格を取得しておきたいところです。

看護師の資格を取得する方法は、まず一つは看護の大学もしくは専門学校を卒業し、国家試験に受かる事。そしてもう一つの方法は、准看護師の資格を取得した後で看護師課程を修了し、国家試験に受かる事です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。