スポンサードリンク

幼稚園教師または保育士になる資格とそれらの違い

「幼稚園」と「保育園」。幼児を育てる施設は二種類に分かれており、そこに勤める教師になるための資格も「幼稚園教師」「保育士」の二種類に分けられています。それぞれ資格を取るには、「専門の学校を卒業する」もしくは「試験を受けて合格する」という事になるでしょう。

幼稚園と保育園、そしてそこに勤める二種類の教師の違いは何かというと、まず一つに管轄が異なります。幼稚園教師が文部科学省の管轄であるのに対し、保育士は厚生労働省が管轄する福祉職員なのです。そしてもう一つ、幼稚園と保育園は形態が若干異なります。諸事情により子供を育てる時間が取れない方は、幼稚園よりも長い期間預けられる保育園に子供を預けるのが一般的です。

しかし、これらをいつまでも二つに分けたままにしておくのはいかがなものか?という事で幼保一元化への動きが進んでいるわけですが、今のところはまだ保育士資格と幼稚園教師資格の二種類は明確に区別されており、どちらの資格を取るのかよく考えて決めねばなりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。