スポンサードリンク

パソコン関係の資格の種類

現在、パソコン関係の資格は50種類以上にも及びます。シスアドをはじめ、パソコン検定やCADやMOSなど、国の資格からベンダーの資格まで色々ありますね。これだけ資格の種類が増したのは、科学技術の進歩や、パソコン・インターネット利用者の増加に伴うものなのでしょう。

今やパソコン関係の資格取得は、趣味にとどまらず仕事のスキルアップやIT企業の就職対策に役立つものと言えます。

何種類ものパソコン関係の資格の中でも、特に基礎的で取得しやすいものといえば、初級シスアドやパソコン検定でしょうか。この2つの名前を耳にしたことのある方は非常に多いかと思われます。それだけ広く認知されている標準的な資格という事ですね。

初級シスアドは国家資格の一つで、その試験においては、ネットワークの知識・技術をどれほど持っているかが問われます。ネットワークの知識・技術といっても、あくまで利用者レベルの話ですので、それほど難しいものが出題されるわけではありません。

一方のパソコン検定は、その名の通りパソコンに関する幅広い知識・技術が問われます。今や企業においてパソコンを利用するのは当たり前になっていますので、社員のスキルチェックとして広く活用されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。